2018年08月02日

1ヶ月の生活費の始点を変更して良かった事


こんにちは「いっぽ」です。


お給料が月の途中だった我が家は

1ヶ月の家計の始まりを毎月1日に変更しました。



1.生活費の始点をなぜ変更したのか?

まず大きな原因はお給料日を待つ生活から脱出したかったのです。給料日を待って、給料日当日に銀行のATMに並ぶ‥その生活を変えて、お給料は既に振り込まれているけど、手を付けずに手元の予算で生活していると言う余裕が欲しかった。そして当時はクレジットカードの締切が月末のものをメインに使ってた為に家計簿とクレジットカードの締切が違ってくるのも面倒だったので変えようと思った原因の1つですね。


2.生活費の始点を変更するのに大変だった事


これは、「はい、今月から」とはいかなかったのですよね。1ヶ月でもギリギリだったのに、25日から末日に変更だと5~6日、20日から末日だと10日~11日も延ばさなければいけない。今月は1日延ばして、翌月はもう1日という風に1日ずつ延ばして行きました。2月を挟むと日数が少ないので少しはハードル低く生活費の終点を月末まで変更するのには最適でしたね。延ばした日を元に戻さない様にゆっくり月数をかけて終点を月末に変更していきました。始点を変更出来れば後は1ヶ月は今まで通り30日から31日で生活できるので、変更するまでが大変でしたね。

3.生活費の始点を変更して良かった事


良かった事はたくさんあります。

まず、お給料日を待たない。

これは大きいですね、口座に末日までお給料を入れっぱなしなので、お金にも心にも余裕が出来てきました。月末までの口座引き落としなどが終わってからの引き出しになるので、生活費の目処も立ちやすい。おそらく、何かあっても月末までではなくてお給料日まで待ったら入金されていると言う安心感があるのかな?例えば、お給料が20日なら1日に引き出しても、何かあっても後20日すれば次のお給料が振り込まれると言う安心感ですね、実際には何かあればと言う事はないし、苦労して変更したのだから、元に戻す事は無いのだけど、気持ちの持ち様と言うか、心の余裕みたいなものですね。


4.〈まとめ〉良い方向に回り出してきた。


変更してから、心の余裕もあり
月末まで口座に入金されたお給料を引き出さずに生活する様になって、上手くお金が回り出しました。お金に追いかけられてない、と言う事なのでしょうね。最近は月末まで頑張らなくても、そう言えばもう月末だったね、と言う風になってきました。なら、貯蓄増やしてみる?何にしようか?などと、ドンドン良い方向に向いてきました。




こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク