2018年08月25日

美容・コスメ費を節約する方法。3年前の約半分に節約できました。

こんにちは「いっぽ」です。

キレイを維持しつつ節約したいのが美容費ですよね。




1.3年前の美容費は年間にこんなに使ってました。

家計簿アプリを使うまで、不明だった美容費。3年前から家計簿アプリを使って家計管理してから美容、コスメ費の項目の多さにビックリしました。年間20万円以上、月2万円弱も使ってました(泣)もともとコスメが大好きなので新製品を試したり頻繁に美容室に通ったり楽しみの1つでもあったのです。友人とコスメ話しも大好きで一緒に百貨店のコスメフェアに行ったり、限定の化粧品セットを買ったりなのですよね。もちろんこの美容費には洋服などや靴、アクセサリーなどは含んでませんのでそれを合わせるともっと膨大な支出でした。


2.美容費の支出を検証してみた何に使ってるの?

年齢と共に肌も髪の毛も衰えてきます(泣)若い頃はこんがり焼いても肌もピンとしてたものですよね。現状より衰えたくない、この想いが強いのですが、老後を考えて貯蓄も増やしたい。あっちもこっちもと行かないので、さて?どうする?自分の美容費を検証してみました。何に使ってるの?

美容室、化粧品ですよね。美容室は3.4週間に1回は行ってます。月に2回行く事もあります。

これは白髪染の為です。チラチラと見える程度でも嫌なのです。

そして髪の毛が多くて湿気で膨張するので定期的に縮毛矯正やカットしなければツヤツヤを保てません。あまりに頻繁に行くので、カットした事すら周りに気づかれない程です。

化粧品は気に入ってるメーカーがあったのでそこは変えたく無いのですがシリーズで揃えるとかなりの高額になってしまいます。


3.美容を維持しつつ支出は抑えたいどうすれば良いの?

年間にするとかなりの美容室の費用、毎月の白髪染のカラーと年2の縮毛矯正です。美容室を変えました。知人のオススメの美容室を教えてもらいました。カラーとカットで3700円。今風の綺麗な美容室で、スタッフも若くて明るい、流行りの髪型にしてくれます。捜せばあるのですよ。ホットペッパービューティーからいつも

予約します。その美容室は指名料も無料なのでいつも指名させてもらってます。都会に出る方が安くて綺麗な今風のお店が多い様な気がします。美容室も多いからね、選択枠も広がります。縮毛矯正もカット、カラーと縮毛矯正もしても7300円、そしてここはコツコツと貯めたポイントを使って年2回の縮毛矯正も安く行きます。「そんなに安い所って‥」思う人もいるかもしれないけど、探して見て~本当に良い美容室といつも指名させてもらってる美容師さんに巡り合ったと思います。

化粧品はとてもお気に入りの化粧品があったのですがシリーズで揃えると高額。なので種類を限定して使ってます。化粧水と美容液、乳液とファンデーション、そして日焼け止めはお気に入りメーカーを使ってます。重要視してるのはUVカットです。日焼け防止はかなり重要ですね。もちろん日傘も活躍してますが、手袋やストールしているオバちゃんみたいにならない様に見た目はサラッと、でも肌はしっかりUVカットですね(笑)


4.〈まとめ〉美容、コスメ費の削取り組み結果

この取り組みをして、昨年は美容、コスメ費が10万円ちょっとだったので約半分ですね。

今年の美容、コスメ費は今のところで50000円ちょっとの支出です。8ヶ月なので上出来ですね。でも、年末までに縮毛矯正ももう一度するし、化粧品も買うので80000円までに収まるといいな。ピークの半分以上の節約出来る事になりますよね、下がった分も他の支出に消えてしまうと意味が無いので貯蓄を意識しなければと思います。





こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク