2018年09月01日

捨てるって難しい。捨てられない自分から卒業できたその方法。


こんにちは「いっぽ」です。

捨てるって私にとって買うより難しい事だったのです。



1.捨てる理由からの間違ってた過去


なぜ物を捨てますか?と聞かれてら、壊れたからのとか、破けたからなどそんな理由で捨ててました。もう使わないから、とか新しい物を買ったからと言う理由で捨てるって言う感覚自体が無かったのですよね。新しい服を買っても、古い服が綺麗な状態なら着なくてもクローゼットに収納したまま‥それが普通であって、「捨てなくては」という事は全く考えてなかった。そして物がどんどん増えてきました。クローゼットもいっぱいになり、わざわざ洋服収納ラックなども買ったりしてました。



2.どんどん物が増えて片付けが大変になってきた 


洋服に限らずキッチン用品、雑貨なども、どんどん物が増えてきます。根本的に壊れてない物を捨てると言う感覚が無かったので家の中の物全てが増えていきます。そして収納棚、収納引き出し、靴、鞄と増えていき、それを全て管理、収納、片付けするのにすごい労力がかかる。片付けても片付けても片付かない‥どうして?心身共に疲労がたまってきて、これではいけないと思いつつも自分は片付けが下手なんじゃないかな?とか、綺麗に出来る人は羨ましい、自分にはそんな整理収納の能力かないんだなんて思ってた時期もありました。



3.ミニマリストそんな言葉を聞いても始めは何も思わなかった


その頃、ミニマリストって言葉をよく聞く様になってた。最小限の物だけを所有する人達。

始めはふーんって感じ、そんな人いてるのね、くらいの感覚かな?

私にしたら、ベジタリアンとかと同じ感覚で、自分とは考え方も生活スタイルも全く違う人なので、真似したいとか、そうなりたいなど全く思わない。でもある時、節約や貯蓄に興味があり色々と関連する事を調べたりしていたら、ミニマリストまでとは言わなくても物を買わなければお金もたまるし良いかも~くらいの気持ちでしたね。



4.物を増やさないと良いことばかりに気がついた。


物を増やさない事にしました。何か1つ買うと1つ以上の物を捨てる、必要ない物は買わない。家の飾りの雑貨などはほとんど買わなくなりました。そして、始めは物を捨てる事に慣れなかったのですが、物を減らしていくと部屋がスッキリしてきて片付けの手間が減ってきました。楽、そしてお金も減らない。部屋もごちゃごちゃからシンプルに変わっていきました。



5.〈まとめ〉当たり前を変えみると良い事ばかりだった。


なかなか自分の考え方を変えるって難しいし、自分の中で葛藤もあった。まだ使えるのにとか、まだ着れるのに手放すの?と言う思いでした。少しずつ意識して手放していく、物を買った時は必ず買った以上の物を手放していく。物が家を占領してたのから解放されてくると、もっとスッキリしたい、もっとシンプルな綺麗な部屋にしたいと思って来るのです。もちろん、物を買わないので節約にもかなりの効果がありました。

ミニマリストとまではいきませんが意識するくらいが私にはちょうど良いのでした。






こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク