2018年10月07日

だんだん貯まってるお金を絶対に減らしたくないと思えてきた


こんにちは「いっぽ」です。

どうしても欲しいからどうしても減らしたくないと思えてきたのです。




1.積み立てても、減っていってた過去



昔は貯蓄しようと思っても、すぐに取り崩していた。支払いや使う事があって、他の所には残高がない。ここしか貯金がないよ~

なんて、良くあった(汗)

それでも、ちゃんと払うものは払ってたし、好きな事は出来ていたのでそんなに心配もしてなかったんですよね。

まぁ、アリとキリギリスのキリギリス状態だなぁ


image



2.使う積立と使わない積立を分ける



このキリギリス状態はいけない(>_<)

と、思って積立を、使う積立と

使わない積立に分けてみた。

使う積立は、その名の通り使っても良い積立、いわゆる特別費みたいなもの。突発的な支払いや、急に親戚との外食になったりなどの支出ですね。

例えば

来週親戚が来るからちょっと良いお店で晩御飯食べよう→分かりました→数万円持って行かなきゃ→手元には無い→積立から引き出す

こんな、状態だったの‥(>_<)

ここを準備してなかったので、積み立てても引き出していたという状態だった、反省。

そして

使う積立の特別費は多めに、使わない積立は確実に貯金できる額を設定。

そうすると、上手く家計も回ってきた。



3.使わない積立は絶対に減らしたくない



そうすると、使わない積立は絶対に減らしたくないと段々思えてくるようになった。

ああ~これが、お金の貯まる人の感覚なのか‥と初めて実感(笑)

この感覚って、貯まれば貯まるほど大きくなるものと分かった。

数万円から数十万、数百万と貯まるにつれて、ここからは減らさない、欲しい物があればもう一つの使う積立(特別費)からやりくりして支出しようと思えてくるんだなぁ~

貯まるスパイラルなのね(^_^)


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!



4〈まとめ〉使う積立(特別費)が家計管理を制する  



家計管理が出来る様になって実感するのは、ホントに特別費管理。

日々の食費や日用品のやりくりなど、この月々の決まった支出よりも金額も大きくて不定期にある特別費をどう管理するか‥だった。

どうしても、日々発生する食費などが先になってたのですが、特別費さえ、管理出来れば自然と日々の生活費は回ってくるんだなぁ~と‥

さぁ、この使う積立の特別費をいくら積立するかが大切なんですよね。

関連記事です(こちら




     


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク