2018年10月24日

定年までにしておく事3つ、60歳までのお金の目標


こんにちは、「いっぽ」です。

定年後の生活設計を数年前から実践中です。




1.60歳までに住宅ローンを含む全ての固定費の見直し


60歳までに住宅ローンを完済予定。

60歳までと言わずに50歳でも、55歳でも早ければ早いほど良いんだけどね、そんなに上手くはいかないので、最長でも60歳までと言う事かな。

そして住宅ローン以外の固定費も見直す予定。

大きな物は保険ですね。まだ現役なので段階的に徐々に見直します。やはりゼロには出来ないので、ニーズに合わせて保険の仕分け予定。

貯蓄性のある保険で60歳以降の払込のあるものは前納も視野に入れてます。

なぜか?65歳払込満了の保険もあったのです。

加入した当時は若くて、60歳も65歳も変わらないと思っていたのかな?この5年って今となっては大きいよ‥

60歳時点で前納してしまうってのもアリかな?


image



2.60歳までに出来るだけ貯める


これは60歳以降の貯蓄は見込めない為です。

収入ダウンを予測して、60歳以降は貯蓄を取り崩さない生活をするのが精一杯な感じですね。

なので、それまでに出来るだけ貯めておきたい。

もちろん旅行などの趣味も満喫しながらですね。

格安スマホに替えて差額を積立NISAに入ったり、昇給とふるさと納税で安くなった税金分を入金専用通帳に毎月積立たりと色んな積立をコツコツしてますね。

絶対に引き出さない入金専用通帳で老後用貯蓄と今を満喫する旅行用積立なんかも分けてます。60歳までに増やすのは老後用の貯蓄です。



3.60歳までに生活レベルを下げてコンパクトな生活をする。


ここが1番難しいかも‥

住宅ローンを無くし、固定費を見直して貯蓄を増やす。ここまではお金の問題でしたが、生活レベルになると自分のメンタルの問題なのですよね。

食費、光熱費から通信費、娯楽費など毎月の流動性のある支出を全てキュッと小さくする。

これをハイ、来月からなんて出来ないので50歳を過ぎてから徐々にコンパクトな生活を送れる様にしなくてはならないですね。

ここが出来れば、60歳以降に貯蓄を引き出さないで生活が出来るのだものね。

私も膨らんだ生活レベルを年数をかけてコンパクトにしている途中です。


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!




4〈まとめ〉定年後は収入の範囲内で生活する


定年までに「住宅ローンを無くして固定費削減」「出来るだけ貯蓄する」「生活をコンパクトにする」この3つを実践して定年後は、収入が激減しても「収入の範囲内で生活する」60歳から年金をもらえるまで5年もあります。とりあえず年金をもらえるまでの65歳までは貯蓄を切り崩さないで生活をしなくてはならないですよね



        


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ         にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク