2018年10月27日

お金をもらう人と払う人。それなら、もらう人になります。


こんにちは「いっぽ」です。

お金をもらう人と払う人、それなら、私はもらう人になります。



1.お金を払う人


代表的なのはクレジットカードの利息。リボ払いや分割払いの手数料ですね。

他にATMの手数料だって同じ。

払う人は手元のお金が回ってないので、リボ払いや分割払いにしてしまう。

この利息は商品代ではなくて、カード会社の利益になる。

カード会社の利益を払ってる人。

ATMの手数料だって、銀行の利益を払ってる。



image



2.お金をもらう人


逆にもらう人はカード会社のポイントですね。

カードは常に一括払いで、年会費も無料、カード会社の利益になるお金は1円も払わずにポイントをゲットしている人もたくさんいてますよね。

銀行だって同じ。預金残高が多い人はATM手数料が無料だったり、預金利息をもらったりと、もらうだけの人ってのも結構いるんです。



3.そうやって格差が広がる


払う人は、負のスパイラルの様に払い続けて、もらう人は1円も払わずにもらうばかり。

そうやって格差が広がっていく。こうやってお金のバランスが取れてるのでしょうかね?

それなら、もらう人にならないといけない。

たくさんでは無くても、もらう人のグループに入る。

我が家も下っ端ですが、もらう人グループに入ってます。

皆んなで、もらう人のグループに入りましょう(^O^)



        

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ        にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク