ミニマムな暮らし

2018年12月04日

物を買ってないのに家が片付かない原因を見つけた。


こんにちは「いっぽ」です。

物を増やさない生活をしてるのに

どうして片付かなかったの?



物を増やさない生活


ミニマリストって言う言葉が浸透して随分たちますよね。

そこまで徹底的に物を持たない生活は難しいけど、これ以上物を増やさないと決めた。

そうすれば家は散らからないし、無駄な支出はしない。

一石二鳥っていうやつじゃないのかな(笑)

物を買ったら、買った以上の品数を処分する様にした。

そしたらドンドン部屋が片付いていく‥と思ってた。


image


あれから‥


そう、あれから物を増やさないと決めて1年以上。

目に見えての効果はやっぱり洋服。

洋服は買った枚数以上を捨てる。

これはわかりやすくて行動に移しやすいから不要な洋服はどんどん手放していけた。

それ以外にも食品や日用品も在庫を持たずに必要なの時に必要な物だけを買う。

タンスも冷蔵庫もスッキリしてきたんだけどね。

でも‥勝手に増えていく物があった(泣) 

それは「紙類」だったのです。


紙がドンドン溜まる‥(泣)


ダイレクトメールが届いたり、ポストに入ってるチラシ、お洒落な包装紙や紙袋‥

置いておいた方が良いかな?

なんて、迷ったりしてそのままになったりして‥

思い切って捨てて、後から必要だったなんて事もあったので、とりあえずと置いておく癖がついてしまった(泣)

1枚は薄っぺらいので、置いておいても嵩張らないって思っちゃう。

そしてその紙がドンドン溜まっていく。


ブログ村テーマ
シンプルライフ


  紙だって増えた分だけ捨てる


増えた分だけ、いや私は増えた以上は捨てないとダメだぁ~

物は意識できるけど、紙は意識が薄い。

物の次は紙にも意識して減らしてくように、そして「1枚だから置いておいても良いや~」と思う事をやめようと思った。


ブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


        


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ       にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



2018年09月05日

先回りで片付けが楽になる、ついでにする事を増やす。


こんにちは「いっぽ」です。

綺麗好きはそもそも散らかさないのはどうして?



1.綺麗好きが散らかさない理由


綺麗好きの人っていつも綺麗な部屋をキープしてますよね。小さい子供がいても、たくさん友達をお家に呼んでもいつも綺麗な部屋。どうしてそんなに綺麗をキープできるのでしょうか?そう、綺麗好きの人はそもそも散らかさないのです。なので、わざわざ片付ける手間が要らないんですよね。そもそも散らかさないって‥同じ様に生活していて散らかる人と散らかさない人ってどう違うの?そして、散らかさない生活が出来ればグッと毎日が楽になるのです。


2.家に帰ってから晩御飯までの行動を見直す。

例えば、家に帰ってくる、ポストに入ってたチラシなどの郵便物をテーブルに置き、上着を脱いでカバンを置く。たったこれだけの行動でも、玄関で靴は靴箱に直しましたか?コートはソファの上に置きっぱなしではなくハンガーにかけてクローゼットに入れましたか?郵便物はいる、要らないの分別をして不要なチラシはゴミ箱に入ってますか?カバンは置きっぱなしではなくて中の物を出してカバン置き場に直してますか?

家に帰ってからすぐでもこれだけの片付けの行動が伴います。一緒にするかしないかで随分と違うし、後回しにしてなってる物が増えると部屋も散らかり手間も増えます。

そして、散らかさない人は台所でも違います。料理をしながら洗い物もチャっとやってしまうのです。ご飯が出来た時に洗い物が山の様になってる事はありません。

羨ましいですよね。


3.どうせするなら先回りで綺麗を保つ。

コートにしても、カバンにしてもどうせ片付けなければならないし、ご飯の食器だって早かれ遅かれ洗わなければならない。なら、先回りの習慣をつけてみる。片付けに限らず、明日の出かける用意、時間、全てを先回り。何かを持って来たら何かを片付ける。片付けが苦手なら準備からでも良い。先に明日出かける準備をしたりする事から始めてみる。自分に余裕を作って当たり前を増やして行けば楽になる。そしてあまり物を多く持たない事も大切ですね。持った分だけ整理そして管理しなくてはいけなくなるもの。


4〈まとめ〉先回り行動と物を減らして自分に余裕を持たせる

常に先回り行動を意識して追いかける。準備にしても当日の出かける寸前にバタバタしている様な生活を見直す。どうせするなら先にしておこうは、生活の全てに当てはまりますね。後回しに綺麗はありません。何でもいい、先回りを少しずつ増やしていければ綺麗な部屋になって行くと思います。





2018年09月01日

捨てるって難しい。捨てられない自分から卒業できたその方法。


こんにちは「いっぽ」です。

捨てるって私にとって買うより難しい事だったのです。



1.捨てる理由からの間違ってた過去


なぜ物を捨てますか?と聞かれてら、壊れたからのとか、破けたからなどそんな理由で捨ててました。もう使わないから、とか新しい物を買ったからと言う理由で捨てるって言う感覚自体が無かったのですよね。新しい服を買っても、古い服が綺麗な状態なら着なくてもクローゼットに収納したまま‥それが普通であって、「捨てなくては」という事は全く考えてなかった。そして物がどんどん増えてきました。クローゼットもいっぱいになり、わざわざ洋服収納ラックなども買ったりしてました。



2.どんどん物が増えて片付けが大変になってきた 


洋服に限らずキッチン用品、雑貨なども、どんどん物が増えてきます。根本的に壊れてない物を捨てると言う感覚が無かったので家の中の物全てが増えていきます。そして収納棚、収納引き出し、靴、鞄と増えていき、それを全て管理、収納、片付けするのにすごい労力がかかる。片付けても片付けても片付かない‥どうして?心身共に疲労がたまってきて、これではいけないと思いつつも自分は片付けが下手なんじゃないかな?とか、綺麗に出来る人は羨ましい、自分にはそんな整理収納の能力かないんだなんて思ってた時期もありました。



3.ミニマリストそんな言葉を聞いても始めは何も思わなかった


その頃、ミニマリストって言葉をよく聞く様になってた。最小限の物だけを所有する人達。

始めはふーんって感じ、そんな人いてるのね、くらいの感覚かな?

私にしたら、ベジタリアンとかと同じ感覚で、自分とは考え方も生活スタイルも全く違う人なので、真似したいとか、そうなりたいなど全く思わない。でもある時、節約や貯蓄に興味があり色々と関連する事を調べたりしていたら、ミニマリストまでとは言わなくても物を買わなければお金もたまるし良いかも~くらいの気持ちでしたね。



4.物を増やさないと良いことばかりに気がついた。


物を増やさない事にしました。何か1つ買うと1つ以上の物を捨てる、必要ない物は買わない。家の飾りの雑貨などはほとんど買わなくなりました。そして、始めは物を捨てる事に慣れなかったのですが、物を減らしていくと部屋がスッキリしてきて片付けの手間が減ってきました。楽、そしてお金も減らない。部屋もごちゃごちゃからシンプルに変わっていきました。



5.〈まとめ〉当たり前を変えみると良い事ばかりだった。


なかなか自分の考え方を変えるって難しいし、自分の中で葛藤もあった。まだ使えるのにとか、まだ着れるのに手放すの?と言う思いでした。少しずつ意識して手放していく、物を買った時は必ず買った以上の物を手放していく。物が家を占領してたのから解放されてくると、もっとスッキリしたい、もっとシンプルな綺麗な部屋にしたいと思って来るのです。もちろん、物を買わないので節約にもかなりの効果がありました。

ミニマリストとまではいきませんが意識するくらいが私にはちょうど良いのでした。






2018年08月12日

片付けが苦手な人が綺麗な部屋を保てる方法とは?


こんにちは「いっぽ」です。

片付けが苦手だった過去から

脱出方法した方法です。



1.なぜ片付けられないの?片付けられない原因

これは理由は1つです。

出した物を元に戻さないから。

よく考えたら理由はこれだけなのですよね。そこら辺に何でも置いてしまう。それが積み重なって散らかってしまうのです。過去に新聞を取っていた事がありました。新聞って散らかる(汗)新聞を止めてから新聞って散らかるのねって分かった。新聞と折り込まれてる広告類、朝刊と夕刊。これだけを毎日、読んでから新聞入れに入れる。そして月の決まった日の回収日に出す。出し忘れると次回まで新聞の束が2つになる。すごい労力、当たり前に講読してる時は講読する事も片付ける事も当たり前だったけど‥

こんな労力が他にも周りにいっぱいあるのでは?自分のキャパオーバーになってしまっているのではないのでしょうか?


2.綺麗好きは、そもそも散らかさない。その訳は?

綺麗好きの人は、そもそも部屋が散らかりません。それは散らかる前に片付けが出来るから。なのでいつも綺麗なのですよね。出した物は使ったその手で片付ける事が出来るのです。それは、自分がそれが出来る範囲の事をしているだけなので、その範囲って人にはよって全然違うものなのですよね。

そうならば、単純に言えば片付けが出来る範囲の生活をすれば良いだけなのです。

家計で収入の範囲で支出をするだけと言う事と似てますね(笑)これがお金持ちの家はいつも綺麗と言われる理由なのでしょう。


3.許容範囲は人によって違う。自分の許容範囲を知る

掃除が大好き、片付けが好き。

そんな人は良いですね。いつも部屋を綺麗にしていられる。物もたくさんあっても1つ1つホコリがつかない様に拭く事だって苦痛にならずに楽しいと思える。でも、全員がそうとは限りらない。

何もない部屋にテーブルが1つ、このテーブルを拭く事と掃除機をかける事、これだけなら綺麗を保てますね。そこに花瓶にお花を飾れば、花瓶の水を変える、お花を生ける、お花か枯れば処分して新しいお花を用意する。花瓶を使わなくなったら花瓶を洗って収納する。こんなに色々な手間がかかります。

これを継続して出来るのか?という事ですね。出来るのならばお花を飾っても綺麗な部屋を保てる、花瓶に限らず物を増やすという事は手間も増える事なのです。これを考えて物を増やしていかなければいけないし、欲しいだけで増やしてしまうと許容範囲を超えてしまって散らかってしまうのです。


4.〈まとめ〉自分の許容範囲の物だけを置く

家中の物が自分の片付けられる許容範囲の物だけを置くと、いつも綺麗な部屋を保てるし、片付けなくちゃと思うストレスからも解放されます。そうすると自然に我が家は物が減ってきました。そして購入する時にも考える様になったので無駄な物を買わなくなった。

支出も減って、部屋も片付いています。いい事ばかりなのです





2018年07月25日

断捨離リバウンドを繰り返さない様にするためにする事


こんにちは 「いっぽ」です。

1.物が増える原因

物を増やさないで減らしていく

そう決めて

買うもの<捨てるもの

これを意識して買った物以上の品数を捨てる様にしています。

が‥元々物が多いので気がつけば物があちらこちらから出てきます。思ったより減ってない。

買うものは意識出来るけど

スーパーのレジ袋やプレゼントでもらったブランドの紙袋、チラシ、ダイレクトメール

などは、買った物とは関係なく勝手に増えてしまいます。ここが断捨離してもリバウンドして

物が増えてしまう原因なのですよね

2.物を増やさない意識と方法

特に意識しないと物が増えてしまう私の様な

タイプは気をつけていても

現状維持みたいな感じかな(汗)

減ってる、スッキリしてきたなどの成果が目に見えないと、モチベーションが維持できない。

リバウンドしない秘訣そう、

これは買ったもの以外の物も

含めて増やさないしか無いもの。

じゃ、どうすれば全ての物を増やさないを維持できるか?ですよね。

物は1つ買ったら必ず捨てると意識できても、

買った物以外の付属の物はなかなか意識できない

それなら 家の玄関から入ってくる

全ての物をマイナスにする

例えば、物を買ってもその商品だけでなく

包装紙・紙袋・レシート

商品に付いてるタグなど

こんなにたくさんの付属物が付いてくる。

ハンカチ1枚買って1枚のハンカチを捨てても、

紙袋や包装紙を置いておけば

物は増えてるって事なのね。


3.物以外に付属品も増やさない

物を増やさない人はこの付属品も

増やさない様に自然に出来てる。

自然にできない私は意識するしか無い。そうすればいずれ自然と出来るようになるよね。

断捨離リバウンドしてる事が

私には見えてなかったのではないかな?

なので、買った物の分を

捨てているのに思ったほど

物が減ってない‥となってしまう

そこまで、意識するのは大変だけど習慣つければ

当たり前になる

玄関に入る時でも、夜寝る前でもいいので、今日増えたものを考える。

例えば、家族がゴルフに

行っただけだよと思っても、

スコアカード、洗濯物を入れる

ビニール袋(着ていたゴルフウェアを入れて持ち帰るビニール袋がゴルフ場に置いてあります)、レシートなど増えてる。

これが買い物、旅行などになると

もっともっと増えるって訳ですよね。旅行などで買ったお土産の小分け袋をたくさんもらって、その使わなかった小分け袋が家に残ってる‥何年前の旅行の物?なんて

よくある話です。


4. まとめ マイナスへの習慣づけ
家の玄関を入る全ての物を含め

マイナスにする習慣をつける

こういう所も含めて断捨離

そしてリバウンドしない為にも

意識付けて物以外の付属の品も

増やさないって習慣つけると

スッキリした家になりますよね。




こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク