貯蓄

2018年10月07日

だんだん貯まってるお金を絶対に減らしたくないと思えてきた


こんにちは「いっぽ」です。

どうしても欲しいからどうしても減らしたくないと思えてきたのです。




1.積み立てても、減っていってた過去



昔は貯蓄しようと思っても、すぐに取り崩していた。支払いや使う事があって、他の所には残高がない。ここしか貯金がないよ~

なんて、良くあった(汗)

それでも、ちゃんと払うものは払ってたし、好きな事は出来ていたのでそんなに心配もしてなかったんですよね。

まぁ、アリとキリギリスのキリギリス状態だなぁ


image



2.使う積立と使わない積立を分ける



このキリギリス状態はいけない(>_<)

と、思って積立を、使う積立と

使わない積立に分けてみた。

使う積立は、その名の通り使っても良い積立、いわゆる特別費みたいなもの。突発的な支払いや、急に親戚との外食になったりなどの支出ですね。

例えば

来週親戚が来るからちょっと良いお店で晩御飯食べよう→分かりました→数万円持って行かなきゃ→手元には無い→積立から引き出す

こんな、状態だったの‥(>_<)

ここを準備してなかったので、積み立てても引き出していたという状態だった、反省。

そして

使う積立の特別費は多めに、使わない積立は確実に貯金できる額を設定。

そうすると、上手く家計も回ってきた。



3.使わない積立は絶対に減らしたくない



そうすると、使わない積立は絶対に減らしたくないと段々思えてくるようになった。

ああ~これが、お金の貯まる人の感覚なのか‥と初めて実感(笑)

この感覚って、貯まれば貯まるほど大きくなるものと分かった。

数万円から数十万、数百万と貯まるにつれて、ここからは減らさない、欲しい物があればもう一つの使う積立(特別費)からやりくりして支出しようと思えてくるんだなぁ~

貯まるスパイラルなのね(^_^)


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!



4〈まとめ〉使う積立(特別費)が家計管理を制する  



家計管理が出来る様になって実感するのは、ホントに特別費管理。

日々の食費や日用品のやりくりなど、この月々の決まった支出よりも金額も大きくて不定期にある特別費をどう管理するか‥だった。

どうしても、日々発生する食費などが先になってたのですが、特別費さえ、管理出来れば自然と日々の生活費は回ってくるんだなぁ~と‥

さぁ、この使う積立の特別費をいくら積立するかが大切なんですよね。

関連記事です(こちら




     


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



2018年10月06日

貯蓄の棚卸しが楽しみ〜月1回のワクワクする事


こんにちは「いっぽ」です。面倒くさがりの私でも楽しみなのです。



1.貯蓄総額っていくらあるの?


こんな疑問から、そうだ!!

月に1回我が家の貯蓄総額を洗い出して見ようと思った。

毎月の積立はしてるけど、旅行に行くと旅行貯金は減るし、毎月積立額通りに増えてるとは限らない。

臨時収入のスポットの貯金もあったりするしね、時々だけど(笑)

先月からの増えた金額はもちろん、昨年同月、一昨年の同月からはどれくらい増えたのかも知りたいし、増えてくるとテンションも上がる(^_^)



905005C6-5DED-45EF-A3F0-0C52415B1BC9



2.貯金簿アプリを使ってます。


普通の家計簿アプリも使ってますがこれは毎日の生活費の記録のもの。

それとは別に毎月月末のみ記録、

口座残高のみを記録するアプリ。アプリは色々あると思いますが私は、

「お父さん貯金簿」アプリ

を使ってます。

シンプルに項目と残高だけを入力します。

入力も月1回の月末だけです。


3.項目別に入力して自動で合計される


項目別とは、例えば「自動積立」とか入金専用通帳の「◯◯銀行」とか、あっ、定年後の税金貯金もしてるのでそちらの「△△銀行」など、銀行別や項目別に項目を入力して月末の貯蓄総額も入力していきます。

自動で合計されて、リストでは

毎月の月末の貯蓄総額が一覧で見れます(月末しか入力しないので)

2年前から続けてて、2年前の同月の貯蓄総額と比べられたりして便利。

大きな旅行や車など大きな物を買ったりするとグッと貯蓄総額も減りますが、早く元に戻そうとやる気が出てくる。


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!



4.〈まとめ〉今では毎月ワクワク月末が楽しみです


右肩上がりのグラフを見てると、かなりテンションアップして、もっと増やしたいと思ってきます。

月1回だし手間も要らない。

ワクワクしながら入力。

もうちょっと増えるとアプリのリストを見てニヤッと出来るのかな(笑)



      


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



2018年10月04日

お金の余裕が心の余裕と実感した財布の中のお金の管理


こんにちは「いっぽ」です。

お金と心の余裕はつながってるんだなぁと思います。



1.財布を分けられなかった過去


家用の財布と自分用の財布を分けてる人、たくさんいてますよね。

その昔、何度もチャレンジしたんだけど続かない。

財布が重い?

いえいえ、どちらもギリギリなのでこっちが無いからあっちから、またその逆など‥もともと財布の中身が無いので意味が無かったのです(>_<)



image



2.そして負のスパイラル


どちらからいくら出したか全く分からなくなって、結局管理どころか、いくら使ったかも把握できない。そんな、くら~い過去‥

でも、あちこちから引き出したりして何とか赤字にならずに生活してたので、なんとかなるか~なんて自分自身も能天気だったからね。

そう、もちろん貯蓄は無い(汗


3.これではいけないと改善


そして、これではいけないと

・家計簿アプリ

・特別費管理

・入金専用通帳

などなど、少しずつ改善していった。

そうしたら、財布を分けなくても

財布の中の仕切りで家計分、自分の分と分けて把握できるって気がついた。

今まで、何回も財布を分けたり、

袋分けしたり試行錯誤の失敗だったのに‥

何年も苦労したのは何だったの?根本的な家計管理が出来てない事が原因だったんだね~


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!



4〈まとめ〉財布分けが先ではなくて家計管理が先


家計管理が上手く回ってくると、財布を分けても、袋分けしても、何の方法でも上手く管理できる。

逆にそもそも家計管理が全く出来てなかったら財布を分けても袋分けしても結局上手くいかないって気がついた。

私が家計管理が出来るようになったキッカケは「家計簿アプリ」

支出を把握する方法は財布より、袋分けよりも家計簿アプリが私には抜群に効果があった方法だったんです。



       


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ      にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




2018年09月27日

貯蓄方法あれこれ。色々な方法から自分に合った貯蓄方法を選ぶ


こんにちは「いっぽ」です。

同じ貯蓄でも手段は色々。その人に合う、合わないもあるのですよね。



1.貯蓄方法をあれこれ試す理由


頑張って貯蓄するよーって意気込んで、さぁどうやって貯蓄するかな?と思いますよね。

アレコレ試してみる事にしました。と言っても保守的な性格と余剰の貯蓄がたくさんある訳では無いので、出来るだけ堅実に、そしてちょっとは運用もしたいなと思いました。

分散して色々試して自分に合う、合わないがあると分かったし、合う貯蓄方法は続いてます(^_^)


2.挫折した貯蓄方法


まず続かなかったのは、小銭貯金。

毎日財布にある小銭を全額貯金すると言うもの。900円超の日もあれば、全く無い日もある。

とにかく毎日小銭を貯めておく。

始めるキッカケは小銭なら知らないうちに貯まるかなーって思った訳。でも、これが知らないうちどころか毎日小銭を別に分けておくという作業がある(>_<)

そして大きな小銭入れに貯まった1ヶ月分の小銭をワクワクしながら銀行のATMで数回に分けて入金したら1万円程になってた。

わ~1万円も貯まったと言う感覚にはならず、こんなに毎日財布から小銭を分ける作業して1万円なら最初から1万円札を別に分けておけばそれで良いじゃんと思った。

500円玉貯金も同じかな。お釣りに500円をもらう為にレジで払うお金を調整して1ヶ月で20枚貯まった~となるなら初めから1万円を通帳に入れればそんな面倒なの手間が要らないなと思ったの。要は面倒なんだね(汗)


image


3.継続出来てる貯蓄


これは当たり前だけど、一気に引き落とされているもの、でも途中で引き出せない、引き出すと損するもの。コレが続いてる。

貯蓄型の保険ですね。個人年金と60歳から数回に分けてもらえる終身保険。生命保険控除などで税金面でもお得。長期だけど満期まで掛けるとマイナスにはならない商品に入ってる。

大幅にも増えないけどね、それくらいが私には丁度良い。でも、解約はマイナスになるのだろうね、なので解約しない、逆にそれが継続出来てる理由にもなっている。貯蓄達人さんからすると、もっと良い貯蓄方法があるでしょと言われそうだか、継続を重視するので私には合ってる。

そして定期預金。普通じゃんと思われそうだけど、自分の中で、1つの金融機関でしてる定期預金は絶対解約しないものという思い込みがある。そこの金融機関は自分の中で貯蓄専用にしているので、3万円でも、5万円でも小まめに定期預金にしてる、増えていくのが楽しみ。


にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!



4〈まとめ〉個々に合う貯蓄方法はそれぞれ


色々書いた貯蓄方法は、私に合ったもので、個々違います。

500円玉貯金で海外旅行するまで貯蓄できる人もいますよね。

それはそれで羨ましいな。

全く貯蓄出来ないと言う人は継続出来る貯蓄方法に出会ってないと言う事もありますよ。

それと無理する金額は継続出来ませんよね、5000円でも、それが厳しいなら3000円でも継続出来る貯蓄方法で貯蓄する、その為には色々試してみると良いと思います。



      

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ       にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




2018年09月22日

定年後の税金対策を今から準備する、早すぎるって事はない。


こんにちは 「いっぽ」です。


1.定年翌年の税金は大きいのです。


定年した人が口を揃えて言う事、それは定年した後の税金なのです。特に定年翌年は現役時代の収入が関わってくるので税金は現役並みなのに収入は非正規雇用になって激減‥

定年翌年の税金額がものすごく大変と聞きます。

税金を払うために他の仕事もかけもちしなければいけないかも‥なんて話聞くと悲しすぎます。

それにその時に健康であるかなんで分からないんですものね。


2.今からコツコツ貯めていく


せめて、定年翌年の税金分くらいは貯めておきたい。

他に固定資産税や自動車税なども

ある。分かってる税金は貯めておくに越したことは無いし、どうせ払わなければならない。

今から定年までの期間に定年の翌年の税金と固定資産税や自動車税なども出来る限り先の年数分まで貯めておきたい。まぁ、税金貯金って言うのかな?


image


3.入金専用通帳を作った


前回、自分の入金専用通帳を作った記事を書きました。

それは私的にはに効果があったので貯蓄も増えていってます。

同じ様に税金の為の入金専用通帳も作りました。

こちらもキャッシュカード無しです。自分用はドンドン入金して貯めていってますが、税金用は毎月定額を貯めてます。

これは使う為(税金)の貯蓄です。60歳まで貯めて、税金だけに使うと何年で無くなるのかな?

出来るだけ長く税金をここから払える様に貯めて行きたい。

定年翌年は全てここから税金分を

支出し、急降下した収入のフォローになればと思いますね。


4.〈まとめ〉分かっている支出は現役のうちに準備したい


税金にかかわらずに定年後も予測される支出はなるべく早く準備したい。そして定年後は光熱費などと食費などの生活費のみでコンパクトに生活するのが理想です。

それ以外の支出の税金や保険などは払えるものは現役のうちに前納したり、別に貯めておきたいですね。

そして、退職金と老後貯金は出来るだけ長く手をつけないで過ごしたい。



        

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ       にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




こんにちは
いっぽです。 夫婦2人暮らし 定年までに老後の貯蓄を貯めながら、 旅行などの生活も楽しむ。 今も老後も楽しむ事を目標にしてます。
スポンサーリンク